お金は寂しがり屋だけれど・・・

生きる上で、お金は非常に大切ですよね・・・あるに越したことはありません。若い時は色々なものにチャレンジしたいと思うものですが、現実若い時はお金がないものです。よく「お金は寂しがり屋だから、ない所には集まらないもの」と言われたことがあります。妙に納得したものです。でも、若さという体があるのなら、ギリギリの生活でも夢に向かうべきだと私は思います。年をとってからでは遅すぎることがあるからです。健康に保証もされませんからね。もし、ほんの少しでも芸能界に興味がある方なら、メインキャストに登録してみるのはいかがでしょうか?まずはエキストラの登録をして、そこからレッスンを重ねて実力をつけていく努力をするのです。メインキャストは実力をつけつつ人材を育て、才能を抜粋することを主とした方針にしています。才能を見極めるための講師陣もそろっているので、努力することで才能が開花するかもしれません。チャレンジしておくと、結果がどうであれ、後悔しない人生だったと言えると思います。

映画を観ていたら突然・・・

私は10年前に離婚をして、二人の子供を抱えてずっと一人で子育てをしてきました。無責任な元夫で、養育費は全くない状態で生きてきました。仕事と家事と子育てで日々追われていたので、映画など観る時間もなく今に至ってしまいました。子供たちも大きくなり、やっと一人の時間を少しずつ確保できるようになってきたので、先日映画のDVDをレンタルしてきました。やっとのんびり・・・映画の後半になり、ストーリーに入り込んでいくと、なんと元夫がエキストラとして出演しているではありませんか!驚きのあまり巻き戻して見返してしまいました。そういえば結婚していたころ、メインキャストっていうプロダクションで、エキストラ登録したと言っていたことを思い出しました。メインキャストはエキストラ登録制度を設けていることで有名な事務所です。映画の中に突然元夫を発見し、懐かしいような何をやっているのだという複雑な思いで映画をみました。エキストラで小遣い稼ぎができるくらいなら養育費を払ってほしいものです・・・